テーマ:読書

「ばらとおむつ」銀色夏生

ばらとおむつ (角川文庫)角川書店 銀色 夏生 Amazonアソシエイト by 作品をあまり読んだことがなかったのですが、パラパラと眺めたことはあります。 日記風のエッセイに、自作のカットが時折入ったゆるめな感じ、といった印象でした。 今回は、作品の概要を見て、興味を惹かれたのでした。 脳梗塞になっ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「シニガミさん」宮西達也

シニガミさんえほんの杜 宮西 達也 Amazonアソシエイト by 図書館に行く時は、いつも娘と一緒で、娘は雑貨、着物、イラスト、手芸等の本と、子供に読む絵本を借ります。 まだ6ヶ月半ばかりなのに、娘のセレクトは、マニアックです。 対象年齢を無視して、自分が読みたい本、娘の趣味メインです。 ・・というわけで…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「葉桜」橋本紡

葉桜集英社 橋本 紡 Amazonアソシエイト by 書道教室に通う佳奈は高校生。 街の小さな教室で教えるだけではもったいないという位の実力者である先生は、奥さんと二人暮らし。 ある事情を抱えています。先生を好きであるのと別に、その二人を見ている時間も好きな佳奈。 それでも、気持ちは深まるばかり・・…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

図書館通って、もう20年ばかり・・

もともと本好きではありましたが、学生時代はわざわざ図書館に行くということはありませんでした。 そんな私が通いだしたきっかけが、働き始めた勤務先の休憩が交代制で一人だったため、たまたま通勤途中にあった図書館で本を借りて、休憩時間中読むようになってから。元々好きでしたから、子供を連れて休みの日も行くようになり、図書館の方に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「つるかめ助産院」小川糸

つるかめ助産院集英社 小川 糸 Amazonアソシエイト by ある日失踪してしまった夫。 婚前旅行で行った南の島に向かいます。 そこで声をかけられ知り合った人。 すぐ変えるつもりが欠航のため帰れず、その間で経験した時間が思いがけない日々に・・。 舞台は、つるかめ先生がやっているつるかめ助産院です。 主…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「田舎の紳士服店のモデルの妻」宮下奈都

田舎の紳士服店のモデルの妻文藝春秋 宮下 奈都 Amazonアソシエイト by 出会った頃は光っていた夫をものにするために必死だった梨々子だったが、ある日言われた「会社、辞めてもいいかな?」。そして家に帰るという告白。平凡で面白みのない、夫の故郷に。 夫はうつになっていたのです。 無口な長男と、泣くばかりの次男は…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「希望の地図」重松清

希望の地図幻冬舎 重松 清 Amazonアソシエイト by 今回の作品で、田村章というペンネームでのフリーライターとしての活動をしているのを初めて知りました。 うまく言えないので、商品の説明文を引用させていただくと、 「被災地は今・・・」 震災後の時代の始まりと、私たちの新しい一歩を描いた渾身のドキ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「ぼくたちのアリウープ 」五十嵐 貴久

ぼくたちのアリウープPHP研究所 五十嵐 貴久 Amazonアソシエイト by まだ何冊もは読んでいませんが、結構好きです。 清々しい感情が残る、というのでしょうか。 今回は高校が舞台。 バスケがしたいために、無理と言われた高校へ、なんと山が当たって合格できた主人公が、念願のバスケ部に入部希望を出すのですが、そ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「夜行観覧車」湊かなえ

夜行観覧車双葉社 湊 かなえ Amazonアソシエイト by 映画にもなった「告白」があまり好きでなかったので、手を出さなかった作者でしたが、久しぶりに読みました。 誰もが憧れる住宅街に住む家族の悲喜こもごも・・といった感じでしょうか? ないようで意外にどこでもある家族。そのなかで、殺人事件が…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

「荻窪シェアハウス小助川」小路幸也

荻窪 シェアハウス小助川新潮社 小路 幸也 Amazonアソシエイト by 今、シェアハウスがテレビでも、よく取り上げられていますが、皆さんだったらどうですか? この話は、病院の跡地にできたシェアハウスを舞台に、経営を辞めた先生とその入居者たちの話です。 今、私はどちらかというと、狭い世間の中でぬるま湯に使っている感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブック・ジャングル」石持浅海

。 ブック・ジャングル文藝春秋 石持 浅海 Amazonアソシエイト by 題名の通り、図書館での何か・・というのはよめたが、予想以上の展開で意外でした。 読み終えて、作者の紹介文に、「閉鎖状況に追い込まれた登場人物たちが、仮説と推論を酷使して現状打開を試みる独特の作風で注目を浴びる」と書かれたりました。 なるほど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はじめまして

少し前に、中高年代の世代に入りました。 ご想像にお任せしますが、気持ちは昔と変わりません できるだけまったりと過ごしたいと思っていますが、それだけではやっぱり人間ダメになるかもですね。 好奇心旺盛にたまには刺激を受け、でもできれば自分のペースで暮らしていきたいな、と思っています。 今は家計簿を…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more